1. ホーム
  2. ドッグフードのレビュー
  3. ≫アカナドッグフードの評判・口コミ・値段から品質を徹底分析

アカナドッグフードの評判・口コミ・値段から品質を徹底分析

アカナドッグフード

アカナドッグフードは「生物学的に適正」というコンセプトのもと、犬の体の構造に合わせた真のドッグフードを目的に作られています。

ちょっとわかりにくいですが、肉食動物であった犬の遺伝子レベルの構造に着目して、バラエティ豊かな新鮮肉(たんぱく質)を多く、フルーツ・野菜・植物の量を必要最低限に抑えているということです。

同じ販売会社として販売されている「オリジンドッグフード」とよく比較され「オリジンの廉価版(れんかばん)」というイメージもありますが、決して廉価版という品質ではなく、むしろ食材・栄養素のバランス的には高評価です。

アカナドッグフードの種類

アカナドッグフードは、以下の3つのシリーズがあります。

ヘリテージ

あらゆる犬の大きさと年齢ごとに作られたドッグフードで、全部で9種類のラインナップ。高たんぱく低炭水化物や、原材料の55-65%に地元産新鮮鶏肉・卵・魚などの肉類、それに加えて地元産の低GIスチールカットオーツを使用しています。

レジオナル

全犬種全年齢対応のドッグフードで、カナダ西部で育まれた様々な地元産新鮮原材料を活用した4種類のラインナップ。原材料の60%に肉、40%に野菜・フルーツ類を使用し、高たんぱく低炭水化物で穀類ゼロの商品です。

シングル

植物アレルギーを持つ犬に対応したドッグフードで、全部で2種類のランナップ。原材料を限定・生物学的に適正な配合で、原材料の約50%に羊肉または鴨肉・豚肉を使用し、穀類・ジャガイモ・タピオカは使っていません。

アカナで一番人気のある「ヘリテージのアダルトスモールブリード」についてまとめます。

アカナドッグフードの原材料

<原材料>
鶏肉ミール、スチールカットオーツ、骨抜き鶏肉、丸ごとジャガイモ、えんどう豆、鶏肉脂肪、全卵、骨抜きカレイ、日干しアルファルファ、鶏レバー、ニシン油、えんどう豆繊維、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、サツマイモ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、ニンジン、ホウレン草、クランベリー、ブルーベリー、昆布、チコリー根、ジュニパーベリー、アンジェリカルート、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、ラベンダー
<添加栄養素>
ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン, 発酵乾燥腸球菌フェシウム

アカナドッグフードの成分分析値(栄養素の割合)

成分 割合
タンパク質 31%
脂質 17%
粗繊維 5%
炭水化物 7%
水分 12%

主要成分を見ると、肉類中心という印象はありません。タンパク質31%、脂質17%は子犬から成犬の期間では理想的な栄養バランスです。

アカナドッグフードの値段と販売情報

容量と料金 340g(891円)
2kg(4,050円)
6kg(9,720円)
※アカナ公式サイトより
原産国 カナダ
製造会社 チャンピオンペットフーズ社(カナダ)
日本総輸入/販売会社 アカナファミリージャパン

2kgで4,050円はプレミアムドッグフードの平均的な値段です。オリジンドッグフードが2kgで6,000円弱なので、比べると値段は安いですね。食材・成分バランス的に廉価版という印象は全くありません。

アカナドッグフード注文
アカナドッグフードはこちらで注文できます

アカナドッグフードの詳細

アカナドッグフードの詳細(売りとしている部分)をまとめます。

  • 肉の量を豊富にして、犬従来の食生活を再現
  • バラエティ豊かな肉量を使い、小型犬の健康促進
  • 低炭水化物&低GI穀類を使い、病気のリスクを回避
  • ビタミン類と保護栄養素を供給
  • 無冷凍・保存料ゼロの地元産原材料のみを使用
  • 免疫や皮膚・毛並みをサポート
  • 代謝の促進
  • スチーム料理で自然の栄養と美味しさを全てキープ
  • 自社キッチンですべての製品を自ら製造
特徴の詳細を見たい方はこちら

犬従来の食生活を再現

1つ目は「肉の量を豊富にして、犬従来の食生活を再現していること」です。

アカナクラシックのアダルトスモールブリードでは、原材料の60%に肉類を使っています。こうすることで、犬が自然な環境で食べる従来の食生活を再現しています。

小型犬の健康促進

2つ目は「バラエティ豊かな肉類を使って、小型犬の健康を促進していること」です。

アカナクラシックのアダルトスモールブリードでは、肉の量を豊富にするだけでなく、その種類も豊富です。地元産の新鮮鶏肉、巣に産み落とされた全卵、太平洋カレイなど、バラエティ豊かな肉類を使うことで、栄養価の高いたんぱく質が豊富に含まれたドッグフードとなり、小型犬の健康を促進することにつながります。

病気のリスクを回避

3つ目は「低炭水化物&低GI穀類を使って、病気のリスクを回避していること」です。

犬の自然な食事には、炭水化物や植物性たんぱく質は含まれていません。高GI穀類(米やトウモロコシ等)に含まれる炭水化物は、素早く分解し血糖を急上昇させるため、肥満や糖尿病の原因になります。

アカナクラシックのアダルトスモールブリードでは、炭水化物の量を抑えて、GI値が低いスチールカットオーツのみを穀類として使っています。また植物性のたんぱく質も一切使っていません。

ビタミン類と保護栄養素を供給

4つ目は「新鮮な地元産フルーツと野菜を使い、ビタミン類と保護栄養素を自然な形で供給していること」です。

一般的なペットフードメーカーでは、フルーツと野菜の原材料を「ホリスティック」や「ナチュラル」として売り出していますが、実際に新鮮な丸ごとの状態で使用されているものは少量で、しかも形態は粉末状、大抵は国外産のものとなります。このような原材料に、犬を健康にする利点はほとんどありません。

アカナでは、フルーツと野菜は地元産のものを丸ごと新鮮な状態で搬送されているため、パッケージに記載している通りの含有量となります。

またアカナクラシックのアダルトスモールブリードでは、原材料の20%に、太陽の日差しを浴びて熟したオカナガンバレー産の新鮮バートレット梨とおいしい赤リンゴ、バターナッツスクワッシュ、バーバンクポテトといった健康的なフルーツと野菜を使用しています。こうすることで、犬の健康に欠かせない重要なビタミン類と保護栄養素を自然な形で供給しています。

無冷凍・保存料ゼロの地元産原材料のみを使用

5つ目は「無冷凍・保存料ゼロの、本当に新鮮な地元産原材料だけを使っていること」です。

一般的なペットフードメーカーでは、まったく新鮮でない原材料でも「新鮮」とされていることが多々あります。例えば「新鮮天然サーモン」、サーモンは1年中天然捕獲されないため、常に新鮮であることは不可能なはず。またペットフードメーカーによっては、「ペット用」の冷凍・解凍を繰り返した肉類を「新鮮」としていることもあり、本当に「新鮮」な、冷蔵のみで保存された原材料を使っているのは、ごくわずかです。

アカナでは、人間用の食材として認定を受け、本当の「新鮮(冷蔵のみで保存された)」な状態の、栄養がたっぷり詰まった地元産原材料のみを使用しています。同じ主張ができるペットフードメーカーはほとんど存在しません。

またアカナクラシックのアダルトスモールブリードでは、地元の草原農場で放し飼い飼育されたコップ種鶏肉、栄養豊かなたんぱく質と脂肪がぎっしり詰まったグレードA全卵、ノースバンクーバー島沖の冷たく透明な太平洋で捕獲された天然カレイを使用。すべて無冷凍・保存料ゼロで、新鮮な状態のままで自社キッチンへ搬送されています。

免疫や皮膚・毛並みをサポート

アカナクラシックのアダルトスモールブリードには、その一粒一粒に、天然のニューブランズウィックニシンのオメガ3(DHAとEPA)を注入し、犬の免疫や、光沢ある皮膚と毛並みをサポートしています。

豊かな皮膚と毛並みは、犬自身の健康と活力の外見的な目安として役立ちます。

代謝の促進

アカナでは、ジュニパーベリー・ラベンダーフラワー・ペパーミントリーフなどの植物を配合しています。

植物は、心臓機能の強化や消化の促進など、特定の臓器、腺、組織を強化する強壮剤・増進剤としての役割を果たしています。

自然の栄養と美味しさを全てキープ

一般的なドッグフードのほとんどが、乾燥・粉末化された超加工一次産品原材料を使っています。超加工一次産品原材料は、長距離輸送が簡単・長期間貯蔵が可能という利点があり、また新鮮な原材料と比べてコストも安いのですが、品質という点では大変劣っています。加工することによって、原材料に含まれる栄養素のほとんどが失われ、またそのほとんどが産地不明となっているからです。

アカナでは、地元で飼育・漁獲・栽培された原材料のみを使い、常に新鮮な状態で自社キッチンまで搬送されます。加工・乾燥・粉末化はされていません。新鮮な原材料には、豊富な滋養あふれる自然のジュースがたっぷり含まれています。水を足して調理する必要はないため、低温(90C/195F)でゆっくりスチーム料理ができ、自然の栄養と美味しさを全てキープしています。

自社キッチンですべての製品を自ら製造

今現在販売されているプレミアムペットフードメーカーのほとんどが、実際にドッグフードの製造は行わず、販売のみを行うマーケティング会社によるものだということは、あまり知られていません。

アカナを販売しているチャンピオンペットフーズ社は、1985年に創業、それ以来ずっと世界中からの信頼されるペットフードを作り続けています。すべての製品を自らの手で製造し、外注は一切していません。ドッグフードの製造場所は、数々の受賞歴がある、カナダアルバータの自社キッチンです。

アカナドッグフードの口コミと評判

当サイトで集めたアカナドッグフードの口コミと評判をご紹介します。

自然食に近くて肉食の犬に合ったドッグフードを探していてアカナを選びました。タンパク質が豊富で使われている食材も安全性に問題がないものという部分が決め手でした。離乳食から5年経ちますが、ケガも病気もしないで元気に食べてくれてます。
-チワワ・メス・5歳

老犬になってきたので少しタンパク質多めのドッグフードが良くてアカナドッグフードにしました。最初は食いつきがよくなかったですが、今までのフードとミックスして切り替えたらスムーズになれてくれました。15歳と犬にしては高齢ですが毎日活発!これからも元気に長生きしてほしいです。
-ヨークシャーテリア・メス・15歳

今までオリジンドッグフードを与えていたのですが、フードの値段が高くてアカナドッグフードに切り替えました。安いですが食材や栄養バランスは問題なし。ウンチの状態も良くて満足してます。コスパはいいと思いますよ。
-ポメラニアン・オス・3歳

食材の質と価格を考えてアカナにしました。病気もしないで元気ハツラツですが、たまにウンチがボロボロと硬いことがあります(うさぎのようにコロコロとした状態のときも)オーツが多くて食物繊維が多いからでしょうか。
-ミニチュアダックス・メス・2歳

食材の品質や栄養バランスを考えてアカナにする人が多いです。長く与え続けているワンちゃんが病気知らずで元気という評判が多かったですね。

一方でウンチの状態がたまに不安定になるというワンちゃんもいました。食物繊維が多めなので、ワンちゃんによっては合わないこともあるようです。食物繊維は腸内を活性化させるために必要ですが、ウンチの状態を見ながら与えたいですね。

アカナドッグフードの総合評価

アカナドッグフードの評価

犬の管理栄養士アカナドッグフードの評価:4.0/ 5

姉妹商品である「オリジン」と同じく、栄養素的にバランスのとれたドッグフードで、幅広い犬種・年齢に対応している質の良いドッグフードです。

健康面でも問題は見られないし、成長期・成犬期・シニア期によって種類を変えることでキメ細かな健康管理ができます。特に、子犬から成犬までの栄養としてはバランスもよく、健康で長生きのための「体の強さ」を作る意味でも申し分ないドッグフードです。

一方で、スチールカットオーツという原材料がマイナスポイントです。

スチールカットオーツは、オーツ麦を2、3かけらに切り分けたもので、原価が安いのが特徴です。ですが、犬の消化にはあまり適していないので、胃腸に負担をかける原因となってしまいます。

とはいえ、犬の健康に穀物が悪いわけではなく、アカナの食材の質の高さ・栄養バランスのよさを考えると、2kg4,000円で購入できる値段はプレミアムドッグフードの中ではかなりおトクです。

犬の健康とコスパを考えてプレミアムドッグフードにしたい方は、ぜひアカナドッグフードを試してみてください。

アカナドッグフード注文
アカナドッグフードはこちらで注文できます

よろしければシェアお願いします