1. ホーム
  2. 犬の病気と食事
  3. ≫犬が吐くときの原因と対処法!吐き方の違いを見極めましょう

犬が吐くときの原因と対処法!吐き方の違いを見極めましょう

犬は人間に比べると吐きやすい動物です。子犬のときはすぐに食べ物を吐き出すし、成犬になっても吐きやすい犬はいます。

人間の場合、吐くときは胸焼けや体調不良など、体の調子が思わしくなくて吐きますが、犬は体調が良くても普通に吐くので通常はそれほど心配するものではありません。

ですが、犬の吐き方にも2種類あります。そして吐く頻度や症状によっては放っておけない場合もあります。

今回は、犬が吐くときの状況と症状、そして注意しなければならない状態について詳しくご紹介します。「うちのワンちゃんがよく吐くんだけどどうしたらいいんだろう?」というときの参考にしてください。

犬の吐き方には2種類ある

犬の吐き方には、大きくわけて2種類あります。

「嘔吐(おうと)」「吐出(としゅつ)」です。

嘔吐は、完全に食べ終わった食べ物(ドッグフード)を吐き出す行為、吐出は食べ物が胃に到達する前に吐き出してしまう行為です。

嘔吐は食べ終わった後になんとなく気持ち悪そうにして「グェェ~」と吐き出します。対して吐出は食べながら咳き込むように吐き出してしまいます。症状が違うので素人でも違いはわかるはずです。

  • 嘔吐:食べ物や胃液を吐き出す。完全に食べ終わって少し経ってから吐く
  • 吐出:食べてから数秒後、もしくは食べながら咳き込むように吐く

細かいようですが、吐き方の違いで対処方法も異なります。どちらの状況になっても正しく対処できるように、次の章からの説明も読んでみてください。

嘔吐(おうと)の対処法

嘔吐は、よく見られる一般的な「食べ物を吐く行動」です。

犬は吐きやすい動物で、特にチワワなどの小型犬はよく吐きます。

元気なら放っておいても大丈夫

気持ち悪そうに食べ物を吐いても、吐いた後に犬の体調が元気ならほとんど心配はありません。

もし犬が吐いたものを食べようとしたら食べさせてしまってもいいし、食べなければ少し時間を置いてドッグフードを通常の量より少なめにして与えてください。

犬はがっついて食べた勢いで戻してしまうこともあります。人間とは違って元々吐きやすい動物なので、具合が悪くなさそうなら放っておいても大丈夫です。

季節の変わり目は成犬になっても吐きやすくなるし、お腹が空きすぎても胃液を吐きます。「吐く=何か問題がある」というわけではないので、吐く行為よりも、その後のワンちゃんの体調を注意して見てあげてください。

もし、食事前に胃液を吐くことが多いなら、1回の食事量を少なくして食事の回数を増やしてあげることが対処法になります。以下のページでくわしくまとめてあるのでご参考にしてみてください。

  • 吐いても元気なら問題ない
  • 食べる前に胃液を吐くときは、食事の回数を細かく分割してやる

体調が悪いときは動物病院(獣医)

  • 毎日のように頻繁に吐く
  • 体調が悪い
  • 食べ物を受け付けない
  • 吐しゃ物(吐いたもの)に血が混ざっている

こういう症状のときは動物病院(獣医)で診察を受けましょう。

体調不良で胃腸が弱っているのかもしれないし、何か他の病気や疾患も考えられます。

病気で一番多いのが「胃腸炎」です。治療すればすぐに治る病気ですが、放っておくと他の疾患につながる場合もあるので、獣医でしっかり治すことが大切です。

また、異物の誤飲で吐く回数が増えることもあります。胃腸炎などの炎症も見られないのに頻繁に吐くときは、レントゲンで調べると胃の中に異物があった、なんてこともよくあります。

心配なのは、脳神経の異常や他の内臓の疾患の場合です。

他の疾患の二次的症状として現れている状態なので、他の病気や疾患が進んでいる場合も考えられます。

いずれにせよ、獣医で血液検査や脳神経の特殊な検査を受けなければわからないことなので、上記の症状が見られる場合は獣医で診察を受けましょう。

普段から吐きやすい犬の場合、飼い主の判断が遅れる場合があります。吐き方と吐いた後や普段の生活を注意深く観察してみてください。

犬をよく見ていれば、どこか違いがあるはずです。

  • 吐いた後も体調不良が続く
  • 食べ物を受け付けない

上記の場合は獣医で診察です。

吐出(としゅつ)の対処法

食べてから数秒後、または食べてる最中に吐いてしまう場合は、食べ物が胃に届かないで食道で止まって戻ってしまっている状態です。

食道から胃に食物が進まないのは、食道が狭い「食道狭窄(きょうさく)」か、逆に食道が広がってしまう「巨大食道症」の可能性があります。

食道は、狭くなったり広くなったりして動かしながら食べ物を胃まで運びます。食道が狭すぎても広すぎても、収縮運動が効かなくなり、食べ物が胃に運ばれず戻してしまうわけです。

食道狭窄も巨大食道症も症状がひどくなると完治は困難です。

その場合は、犬を立たせた状態で、口から流動食を流し込むなどのケアとフォローが必要になります。

そうならないためにも、吐出の症状が見られたら、すぐに動物病院(獣医)に連れて行ってください。

犬が吐くときのまとめ

「犬が吐いているけど、嘔吐か吐出かわからない」というときは、吐いている様子をスマホなどの動画で撮影して、獣医に見てもらうといいでしょう。

  • たまに食べた後に吐く
  • 吐いた後落ち着くと普通に食べる

という状態ならほぼ心配ありませんが、その判断をするためにも、獣医に吐いてる様子を見てもらって大丈夫なのかどうなのかを判断してもらえば、その後同じように吐いても安心です。

なお、よくある原因のひとつに「ドッグフードが大きすぎて吐く」ということもあります。

食道狭窄で食べ物が通る食道が狭い犬や、もともと食道が狭い小型犬に多く見られる症状です。

ドッグフードはできれば小粒タイプがトラブルがなくておすすめです。

当サイトでご紹介している「モグワンドッグフード」なら、ドーナツ形の小粒で食べやすく消化も良い形状です。また余計な添加物もない栄養バランスの整ったドッグフードなので、健康の面からもおすすめできるドッグフードです。

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードはこちらのサイトで購入できます

モグワンドッグフードには100円で2食分おためしできるモニターサービスがあります。モニターを利用した後に購入すると初回半額になるサービスもあるので、ぜひ気軽に試してみてください。

モグワンが100円でお試しできるサービスはこちら

よろしければシェアお願いします